当サイトは新たに開発されたてんかん治療薬、ラミクタールについて解説しています。てんかん治療だけではなく、躁うつ病の維持治療にも効果があるお薬ですので使用される前に必ずお読みください。

ラミクタール画像

抗てんかん薬の催奇形性

てんかん発作のある女性が妊娠した場合については、ふだんから服用している抗てんかん薬が胎児に及ぼす影響についても考慮に入れなければなりません。
抗てんかん薬には胎児に対する催奇形性をもつものが多く、てんかん発作のある女性は、一般の女性が出産した場合に比べて、奇形発生頻度が2倍から3倍程度高くなってしまうとされています。この場合の具体的に考えられる奇形としては、みつくち、心奇形、二分脊椎などが挙げられています。
日本の厚生労働省にあたる米国食品医薬品局(FDA)では、こうした催奇形性誘発分類として、どの薬剤がどの程度の催奇形性をもっているかをカテゴリー化して注意を喚起しており、従来からある抗てんかん薬については、妊娠女性が服用することによって胎児に影響があるとするカテゴリーDに属しています。
しかし、日本では2008年に医薬品として承認された抗てんかん薬のラミクタールは、人間ではデータがないものの動物実験での影響が確認されたという程度のカテゴリーCに属しており、従来のものよりも1ランクだけ安全性が高いということになっています。
このあたりのデータはラミクタールの添付文書に詳しいですが、てんかん発作のある女性に抗てんかん薬を投与するのであれば、複数の銘柄の薬剤を併用して投与するのをやめてラミクタール単独に切り替えるのが望ましいといえます。
ただし、ラミクタールの添付文書にもあるとおり、経口避妊薬と同時に服用した場合、ラミクタールの有効成分の血中濃度が減少するなどの影響がありますので注意が必要です。
また、こちらも添付文書に記載がありますが、出産後の授乳については、ラミクタールの成分が乳児に移行する可能性があるため避けるべきとされています。