管理監督者が残業代を請求できるか

長時間の労働をしているのに十分な給料が支払われずに困っている管理監督者が残業代が未払いであると請求できるかについて、どのような実態になっているかで違いがありますが、裁判で訴えが認められたケースがあります。

法律上では労働時間や休日出勤の規定が適用されないことになっていますが、
企業がこの役職が妥当ではない人に対しても適用されるものと解釈しているケースが多いです。

裁判では役割が妥当であるか争われることが珍しくなく、管理監督者ではないという主張が通れば残業代が請求できます。

課長以上の役職を管理職として位置付ける企業も多いですが、これを誤解するケースがあります。

管理監督者は残業代の請求ができない重要な役職であり、企業の定義する管理職とは異なるものです。

適用するための条件は法令で定められていますが、実際の裁判でどう解釈するか明確な基準は示されていません。

しかし、過去の判例で訴えが通る条件は明らかになってきています。経営者と一体となる高い地位が与えられており、自分の労働時間を自由に決めることができ、他の従業員よりも報酬などの待遇が良くなっている、というのがこの役職が妥当として認められる条件と判断される傾向があり、当てはまらないものがあれば裁判で勝てる可能性が高くなります。

人件費を削るために悪用される場合もあるので、弁護士などの専門家に管理監督者ではないと考えられるので残業代の請求ができそうか相談すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *