歩合給制における残業代を請求する際のポイント

歩合給制においては実際に働いた分の残業代の請求を行う事は非常に難しいと考えられがちですが、実際には様々な条件により請求できる可能性が高いことが少なくありません。

基本的に歩合給制は自分で業務の判断ができる相応の立場の社員にのみ認められているものとなっており、
一般社員に対しては適用できない決まりとなっていますが実態として多くの社員に適用されているケースが多いためその条件を満たさない場合には法律的に認められないことが多いためです。

しかし残業代を請求するためには実質的に行った残業に相当する賃金が支払われていないことを確認した上で行わなければなりません。

歩合給制を導入している企業の多くは労務管理を適切に行っていないことが多く、この場合に残業時間について客観的に残業を行ったことを証明するデータがないことが多いためその証明ができないことが多いのです。

これを避けるためには適切な方法で残業時間を管理しておくことが必要になります。

歩合給制においては仕事の成果を賃金に換算することが多いのですが、
その評価方法のほとんどは法律的に認められていない方法が少なくありません、
このような場合には弁護士に相談し適正な残業代の管理方法を指導してもらうことが最も重要です、
適正な管理を行うことで支給されている賃金に相当する以上の残業を行ったことが客観的に証明できる場合、法律的な正当な根拠を以て残業代を請求することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *