固定残業代制では残業代の請求は出来るのか

固定残業代制では残業代は固定給の中に含まれるようになるので、残業代の請求は出来ないと勘違いしている人が大勢います。

ですが、固定残業代制というのは決まった残業時間の残業代が既に固定給に含まれるというだけの事で、この決まった残業時間以外の時間については当然残業代として支払う必要があります。

ですから、当然請求をして良いことになります。固定残業代制というこの言葉が良くないのかもしれません。

この言葉を聞くと残業をいくらしても同じという考え方になりそうな言葉になっていますから、決まった時間分の残業代については固定給に含まれているけれども、それ以外は違うということを明確に示す言葉に変えた方がいいでしょう。

ある意味ではこれは残業というよりは契約以上の労働ということになりますから、想定外労働というように言うと分かりやすいかもしれません。

想定していない労働なのですから、当然これはその賃金を受け取ることが必要になります。

勿論請求すべきということになるでしょう。基本的に経営者は労働者をいかに安く働かせるかという事で自分の利益を確保するわけですから、さまざまな方法で自分の収益を上げるようにします。最も簡単なのは労働者の賃金を下げれば経営者の収益が多くなるわけですから、これほど簡単に自分の収入アップが出来る方法はありません。

ですから、あの手この手を使って賃金を安くしようとするので、労働者はこれに対抗する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *