未払い残業代の請求なら弁護士に任せるのが一番

仕事をしているとその働いた時間に見合った賃金を支払わなくてはならないのは企業の義務ですが、手違いによって残業したのにも関わらず、残業代を支払ってくれないことがあります。

その時にはまず会社に残業した証拠とタイムカードの内容などを照らし合わせていき、そこから未払い残業代を請求することになります。殆どの企業ではこの段階で誤りを認めて払ってくれますが、支払いを渋った場合には法令違反になるので、未払い残業代の弁護士に請求してもらうことに決めましょう。どんな専門分野の弁護士でも未払い残業代の請求にはなれており、専門分野以外の場合でも相談を受け付けてくれます。

会社に対して弁護士側から請求がされるので、確実に未払い残業代を払ってもらうことが可能です。依頼をする際には必ず資料を集めなくてはなりませんので、会社で働いたと具体的に証明できる証拠や、防犯カメラの映像に日記など様々な有益な証拠を揃えてから弁護士の指示を仰ぐようにしましょう。未払い残業代は請求すれば確実にとりもどせる報酬ですので、長く働いたのにも関わらず支給される金額が少ない場合や、支払いが滞ることがかなり多い企業の場合には、未払い残業代の請求を着々と行っていくことに決めましょう。正社員であれ契約社員であれ雇用形態に関係なく取り返すことができる賃金ですので、アルバイトでもパートでも未払いの賃金が発生していると判断した段階で弁護士に対応を任せることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *