未払い残業代でお困りの方は弁護士に相談してみよう

サービス残業が問題視されるようになって久しいですが、人々のライフスタイルの変化や経済活動の変化に伴い、労働力不足が継続的に発生しており、サービス残業が減らないというのが近年の傾向です。

残業代の支払は、法律によって定められている労働者の権利であり、会社の義務であると言えます。違法である未払い残業代でお困りの方は、一度弁護士に相談してみると良いでしょう。弁護士に相談すると、費用もかかるし面倒であると考える方もいるかと思います。しかしながら、法律のスペシャリストで且つ第三者視点をもって対応されるため、不安や悩みが改善されるだけではなく、スピーディーに問題解決することが出来るというメリットがあります。

また、相談した場合、すべての窓口は弁護士となるため直接相手とやり取りを行わなくて済む他、必要な資料は作成してもらえるため、精神的な負担も大幅に軽減されます。気になるのは費用です。自分の元に戻ってくる未払い残業代の金額に比べ、依頼費など諸費用が多すぎたら意味がありません。弁護士が行う残業代の請求には①示談交渉②労働審判③訴訟といったようにいくつかの種類があり、それぞれで金額も異なります。事務所によっても金額はまちまちです。多くのケースでは示談交渉で済むため、およそ1ケ月~2ヶ月程度で問題が解決します。

この場合、目安としては支払われた残業代の内、2/3が手元に戻ってくるイメージです。未払い残業代はそもそも請求できるのか、請求しても手間と時間がかかるだけで大した金額は返ってこないのではないか等、諦めてしまう風潮があります。労働者側が主張しないばかりに、企業もいいように捉え問題が解決の方向に向かっていないという事態が発生しているケースも少なくありません。泣き寝入りせずに、弁護士からプロのアドバイスを受け、権利を主張しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *