弁護士に相談して未払い残業代を請求しましょう

日本が敗戦国から先進国まで到達したのは、高度成長期に企業を支えたサラリーマンの素晴らしい働きがあったということは要因の一つだと言えます。

しかし、一方でこの時に培われた労働に対する過剰な期待は、いまやブラック企業という言葉がつくほどの社会現象となっているのです。政府もそれをなんとか打開しようとしていますが、いまだサービス残業という言葉が消えない現状はなかなか改善されていません。ただ、労働をしたならばそれに対する正当な報酬を要求するのは当然のことです。未払い残業代についてもきちんと企業に請求したほうが良いというのは誰もが思っていることでしょう。

しかし実際に未払い残業代を企業に請求すると言っても何をしたらよいか分からないというのもよく聞く話です。そこでおすすめなのが、未払い残業代の請求について弁護士に相談するという事となります。というのも残業代の請求は労働基準法などの法律に関することが多いので、弁護士がその道のプロだと言えるからです。自分で未払い残業代の請求を使用と考えるとそういった法律面などを学ぶ必要があります。そんな時間がとれない、という方は多いのではないでしょうか。

また、弁護士に依頼すれば企業側との交渉も任せることができるのでそういった意味でも手間を減らすことができます。しかも弁護士は交渉についてもプロですので、自分で行うよりも良い結果が出ることが期待できるのです。費用に関しても成功報酬制のところを選ぶなどすれば初期費用が掛からない場合もあります。未払い残業代があると思っている方は、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *