確実な未払い残業代請求なら弁護士に

賃金が未払いになっていたとしても、ほとんどの企業は請求すればすぐにでも支払ってくれますが、中には支払いを拒んでくる企業も珍しくはありません。

何かと言い訳して支払われないことが多い未払い残業代の裁判を行うなら、弁護士に依頼して行うことが一番です。法律の専門家である弁護士ならば法律に則った方法で未払い残業代の支払いを求めてくれます。裁判所からの目入れというのは絶対的なものであり、どんな企業でもこれを拒むことは許されないので、裁判沙汰にまで発展すれば企業側も必ず支払いに応じてくれます。残業代の総額がいくらになるのかは、時間外労働した時間全てにお金が含まれていますので、未払い残業代を弁護士に頼むようにして支払い請求を行いましょう。

もちろん自分で行う方法もありますが、様々な証拠を固めても突っぱねられるケースが多いので、労働問題の裁判を起こす時には弁護士を立てた方法が一番裁量です。未払い残業代があったと気がついた段階に請求を考えなければ後々手遅れになってしまうこともあります。本来ならば労働者に対して働いた分の賃金をしっかり払うというのはどの企業にもある義務ですから、その義務を守らない綺語に対しては然るべき対策を行うことが大事です。賃金が思わぬ高額になっている場合にも、その賃金は払わなくてはならないということが鉄則ですので、確実に未払い残業代を求めるなら、お近くの弁護士事務所まで相談に行きましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *