未払い残業代を請求する際には弁護士に

未払い残業代を請求する際には弁護士に相談するのが非常に良い方法です。

一般的に残業代を支払わない会社の多くは労務管理を適切に行っていないことが多く、支払いの根拠となる労働時間の記録が残っていないことが多いためです。基本的に残業代を請求する際にはその根拠となる労働時間の記録が存在することが必要となるため、会社側で記録を残していない場合にはその根拠を証明することができず、残業代を支払ってもらえないケースが多いのです。このような場合に弁護士に依頼すると、効果的な方法を考えてもらえることになります。

その1つが通常の勤務の状態を弁護士が客観的に調査し、その調査結果を持ってこれまでの労働環境の推測を行い、請求する方法です。残業代の未払いを発生させている会社日常的に行っていることが多く、数ヶ月の記録を確認するだけでその傾向がつかめるため、これを根拠に法的に未払い残業代の請求を行うのが一般的な方法となります。悪質な会社の場合には未払い残業代が存在する事実を隠すために二重に労務管理の記録を残しているところも少なくありません。

この場合であっても弁護士が法律的な根拠に基づいて勤務実態を調査することで、実際の労働時間と会社側の労務管理の記録の違いを指摘することができ、その実態を根拠に未払い残業代を請求することができます。そのため、自ら請求する場合に比べ明確に法律的な根拠に基づいて請求を行うことができるため非常に有利に進めることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *