未払い残業代は弁護士に相談

未払い残業代を諦めている人は多いです。

諦めている理由として多いのが証拠がないということでしょう。未払い残業代があるという明確な証拠があるならば弁護士に依頼をしなくても労働監督署に相談をすることで対応してくれるでしょう。労働監督署は企業にとっての警察のような存在なので、明確な違法があれば動いてくれます。しかし証拠がない場合には逆に動いてくれないこともあります。未払い残業代について困ったことがあったら弁護士に相談をしてみましょう。

相談料は1時間あたり1万円前後かかります。しかし、初回のみ無料でアドバイスをくれることもあるようです。さすがに何回でも無料ということはありませんが、初回の30分だけでも無料で話を聞いてもらえるならばありがたいでしょう。電話やメールでは無料相談をやってくれるということは多いです。一般的な会社員でなくても残業代が発生することがあります。例えば、会社の経営者という立場にある人は残業代が発生しません。しかし、それを利用して上辺だけ経営者という立場を与えて、やらせていることは一般的なスタッフと変わらないというときなどには、未払い残業代が請求できます。

詳しいことは弁護士に相談をしてみるのが一番です。証拠がないと裁判に勝つことは難しいですが、弁護士なら証拠がなくても小さな証拠を集めることで請求をしてくれることもあるようです。証拠集めのことも考えるとなるべくはやめに話をしておくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *