未払い残業代の請求は弁護士を通じて行うこと

未払い残業代の請求は弁護士を通じて行うことが望ましいです。

ただしこうした請求を行うことでその職場に居づらくなってしまうことが少なくありません。そのためよく熟慮の上で行動をすることが望ましいと言えます。仮に請求を行ったとしてもそのことで一概に不利益を被るとは限りませんが、その職場に居づらくなる可能性は高まります。そのため請求後についても思いをはせて行動をすることが必要です。

またそもそも未払い残業代の請求を弁護士を通じて行うにしても、その根拠となる時間外労働時間をはっきりさせる必要があります。たとえばタイムカード類の写しを残すであるとか、あるいはそうしたあからさまな行動がし辛ければメモなどで残しておいて、さらにその時間まで仕事をしていたことを示すような資料があると客観的な判断になり得ます。いずれにしても通常は正当に支給されるべきものを支給していなかったわけですから、未払い残業代は受給できる権利があると考え弁護士などの専門家を通じて受給できるように段取りを進めることが必要です。

何もしなければ泣き寝入りするだけですから、請求できる場合には正しく受給するように正当な手続きの上で話を進めていきます。なお労働組合があるところであればそうした組合を通じての請求を行うことも可能です。未払い残業代は個人の問題とは限らず組織で動いている場合もあり、弁護士に個人的に依頼をしなくても組合で対応が出来ることも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *