年俸制と残業代について

年俸制で仕事をしている人は残業代など無関係なのでしょうか。

確かに、実際に年俸制で給料をもらっている人の中には、残業をしても残業代が出ない制度のもとで働いている人も多いでしょう。ですが、この2つは直接的に結びつくものではないことに注意が必要です。年俸の人は、イメージ的にエグゼクティブという感覚が強いでしょうが、要するに管理職に採用されていることが多い制度です。そして、管理職の場合、残業をしても残業代は支払わなくて良いことになっているのです。

これは、管理職だからという意味であって、年俸制かどうかとは本来無関係の話です。管理職であれば年俸であろうがなかろうが残業は関係ありませんし、逆に管理職でなく、かつ他に残業が出ないような制度のもとで働いている人でないのであれば、年俸でなかろうが年俸であろうが残業代は支払われるべきものということになります。ところで、時間外手当というのは、その人の1時間あたりの給料を算出して、それに割増率をかけることで算出されます。月給とボーナス制で働いている人の場合、1時間あたりの給料を算出する根拠となるのは月給のみで、ボーナスは含めません。

ところが年俸の場合はたとえその中に実質的なボーナスが含まれているとしても、計算上は分けようがないものとみなされます。つまり、年収総額が同じであっても、年俸の人のほうが1時間あたりの給料としては高い金額になり、結果として時間外手当の額も増えることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *