お中元の起源と贈り方について

今では夏の時期の風物詩でもあるお中元は、夏季のあいさつでありますが、これは道教の年中行事であった中元が起源です。わが国では以前から先祖に対する敬い気持ちが強かったのでこれが加わっていきました。お供え物として親戚などに配る行為はこのようにして行われましたが、日ごろお世話になっている人に対して感謝の気持ちで物を贈るように変わっていったのは、江戸時代になってからとされています。毎年7月に入ると贈る時期が始まり、7月の中旬までがその期間でしたが、最近では動き出すのが早まる傾向があって6月下旬には始まっています。

この期間は決定されたものではなくて、のし紙に暑中見舞いと記せば立秋までに出すことができ、残暑御見舞いと記すことで立秋を過ぎても対応ができます。御見舞いと表記はせずに御伺いとすべきなのは相手が目上の人の場合であって、毎年実施することが多いものの、特にお世話になった方へ感謝の気持ちとして贈る場合には御礼とするとよいです。のし紙をお中元に付けますが、多いのは紅白5本の蝶結びであって、会社や法人でなく個人で先方に贈る際には苗字のみとすることがほとんどです。本来はお供え物であったので贈られるのは食べ物が多く、近年は、先方に喜んでもらうべく相手の好みの物を選ぶ人もいます。

渡す時季が夏場であることから季節感を感じさせるものが選ばれていて、旬の果物であったりそれらを用いて作ったお菓子やスイーツも注目されています。麺類も幅広い層から人気のものであり、夏の暑さを忘れさせてくれる清涼感あふれる飲み物も多く選ばれます。飲食に限らず、夏のイベントを形にした飾り物や小物をお中元にする人も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です