お中元を受け取った時のマナー

お世話になった人に対して夏に贈るのがお中元ですが、時期や金額、品物選びなどあらゆるマナーに気をつけておく必要があります。いざお中元を受け取った時にはお返しは必要になるのかで、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。お中元は基本的に目下の人から目上の人へ贈るものであり、お返しは不要とされていますが、感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を贈るのことごマナーとなっています。お礼状は品物を受け取って三日以内に送ることが基本的なマナーであり、遅くなると失礼に当たってしまうので気をつけなくてはなりません。

お礼状を送る前に電話などで、きちんと手元に届いたことを伝えておくことも大切になってきます。お礼状だけではなく品物で感謝の気持ちを伝えたい場合には、お返しの品物を贈ってもマナー違反になることはありません。しかしその際には金額に十分気をつけておく必要があり、いただいた金額よりも高額にならないようにしておく必要があります。良かれと考え高額なものを贈ってしまうと失礼にあたるので、いただいた金額の半額程度の品物を贈るようにしておきましょう。

お返しではなくお中元として相手に贈る場合には、同額程度の品物を贈ることが一般的であり、近年では互いにお中元という形でやり取りをするケースが増えています。目上の人が目下の人に贈ってはならないという決まりはないこともあり、互いにやり取りすることは珍しくないことも頭に置いておきましょう。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です