お中元の品物のマナーとは

お世話になった人に感謝の気持ちを伝える機会の一つに、夏に贈るお中元がありますが、タイミングや金額に気をつけておかないとマナー違反になってしまうので気をつけなくてはなりません。勿論タイミングや金額にいくら気をつけていても、品物選びを間違えてしまうと失礼になってしまうので気をつけましょう。贈る相手によりふさわしいものを選ぶことが大切であり、すべての人に同じ品物を選べば良いわけではありません。趣味や嗜好に合わせたものを選ぶようにしたり、家族構成を考えて選んでおく必要があります。

近年では商品券やギフトチケットなど、贈った相手が好きなものを選べるもの贈る人もいますが、目上の人に対して金額がはっきりわかるものを贈ることはマナー違反になるので、お中元の品物としては選ぶべきではないケースが多いです。お中元は一般的に目下の人が目上の人に対して贈るものであり、品物を選ぶ時にはそのアイテムが持つ意味にも気をつけて置かなくてはなりません。スリッパなどの履物は踏みつけるという意味があり、ハンカチは手切れで相手との縁を切りたいという意味になってしまいます。それと同様に刃物類も縁を切りたいといった意味を持つので、贈り物として相応しいとは言えません。

近年では品物の意味にはこだわらないという人も増えていますが、年配の人やマナーを大切に考えている人にお中元を贈るときには、十分気をつけるように心がけておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です