お中元のマナーについてお話します

お中元で大事なことは、贈る人の日頃の感謝の気持ちになります。しかし贈る時期や商品の金額、のしがみの書き方などマナーに注意することが必要です。お中元の商品の値段ですが、高額すぎると逆に相手に気を使ってしまいます。平均の相場は、3000円から1万円ですが無理のない範囲で続けることがいいでしょう。

贈る時期ですが、北海道では7月の中頃から8月15日・東北や関東は7月のはじめから15日・東海や関東・四国・中国は7月の中旬から8月15日・九州は8月1日から15日です。自分が住んでいる地域で、長く住んでいる人に聞いてもいいでしょう。値段だけでなく、どんな商品を贈るのかも大事でできるだけ相手が喜ぶような物が人気があります。夏なのでゼリーやドリンク・そうめんなどが人気が高い商品です。

相手の家庭状況を知って、お子さんがいる場合は、子供が喜ぶようなお菓子がいいでしょう。お年寄りだけの家庭では、お茶や和菓子など高齢者が喜ぶような商品gあおすすめです。お中元を包むのし紙は、生もの以外の商品はつけるものだということは知っておきましょう。宅配便を利用する場合、品物の箱にのし紙をまいて包装紙で包まないと、破れることがあるので注意が必要です。

毛質や筆ペンを利用することが多いですが、マジックでもOKで名前はフルネームで書きます。水引きは何度繰り返してもいいので、紅白蝶結びのものがいいです。喪中でも贈ってもいいですが、派手なものは避けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です