お中元の時期を把握し遅れすぎないように届けましょう

お中元を目上の人や日頃お世話になっている方々、あるいは親戚に毎年贈る人はもう慣れていますが、初めて社会人になった方などはマナーについてあまり知らなくて戸惑うこともあるでしょう。地域によって贈る時期が多少異なっているため、持参を考えている人は注意しなければなりません。7月1日から15日までの期間なのが、関東や東北で多く見られます。早い地域では、百貨店などもお中元商品セールを6月中旬の頃ぐらいから開始しています。

北陸あたりでも地域差があって、関東や東北と同じ期間のところもあれば、7月15日から8月15日という場合も多いです。その他の地域ではほとんどが7月中旬から8月15日であるため、先に上げた7月上旬が一般的な地域でも、8月15日くらいまでの遅れでは失礼にあたらないです。九州は8月1日から15日で、沖縄は旧盆に当たる時期に贈る事が多くなっています。昔は時期がずれると失礼に当たりましたが、今ではあまり気にする人は少なくなってきました。

それでもお盆を過ぎてから届くと少し遅く感じる地域の人達もいるため注意が必要です。お中元を持参せず配達を依頼するときには、お店の方がうまく時期を合わせて発送してくれますから問題がないでしょう。持参を考えている方は、お盆休みの期間中留守にしている方もいることを踏まえて届けなければなりません。食べ物をお中元に考えている人は、特に気をつけてお盆前の在宅が確実な時期に伺っても問題ないか、アポイントをとっておくと安心です。

親戚へお中元を渡すときには、夏の休暇中やお墓参りとか里帰りのついでなどに持っていっても問題ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です