お中元を贈る時期をチェック

お中元を贈る時期は地域によって違いがあります。マナーを考えるのであれば日本全国、お中元を贈るのに適切な時期を事前にチェックしておくことがおすすめです。北海道の場合は旧盆の時期にあたる、7月15日かた8月15日に贈るのが一般的です。8月16日以降に贈った場合は「残暑見舞い」という扱いになるので注意しましょう。

東北と関東は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の期間と言われています。ただ、最近は東京・神奈川と首都圏を中心に時期が早まっているようで、6月20日ごろから贈りはじめるケースが増えています。元々、贈る期間が短いというのに加え首都圏の場合、2週間という短い期間に配送が集中してしまうことで遅延が発生する可能性があることから、少し早目に配送しようと考える人が多いようです。北陸の場合は関東と同じく7月初旬から7月15日までに贈る地区と、北海道と同じく7月15日から8月15日の時期に贈る地区に分かれています。

このように北陸は地域によって発送する時期が1か月ほど変わってくるので、贈る相手が住んでいる地域のマナーに合わせて発送時期を決めることが必要です。東海・関西・中国・四国は、7月15日から8月15日までに贈ることが一般的です。ですが、発送時期が早い関東の影響を受け、だんだんと早めに贈る人が増えています。九州エリアは8月1から8月15日まで、沖縄は旧暦の7月15日までに贈るのがマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です