お中元の起源と歴史上の変遷

お中元の起源は、中国の三元の一つの「中元」という祭日に由来します。三元とは、上元(旧暦1月15日)と中元(旧暦7月15日)、下元(旧暦10月15日)の総称です。三元は中国の道教における三人の神様の誕生日であり、中元は地官大帝の誕生日なのです。三元のそれぞれの日には、お供え物をしてそれぞれの神様にちなんだ行事が行われていました。

中元は、罪を許す贖罪の日であり、死者の罪を許す日でした。その中元が、中国の仏教の祖先の霊を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)と習合(複数の宗教が一体化すること)しました。さらに日本では、これが江戸時代にお盆の行事となり、祖先の霊を供養するとともにお世話になった人に贈り物をする「お中元」の行事として定着したのです。明治時代には、暦が旧暦から新暦に改暦され、お盆と中元の時期も変化しました。

お盆は全国的には新暦の8月15日(月遅れ盆)とする地域が多くなりました。しかしお中元の贈り物をする時期は、関東や東北では7月15日までですが、関西や九州などでは8月15日までの地域が多く、両者が混在する地域もあります。現在では、仕事関係の人に贈っていたお中元を虚礼廃止の一環としてやめる企業も増えてきています。また、若者では夏に贈り物をする人の割合は減少傾向です。

しかし、子供の習いごとの先生や近所の人、あるいは自分用や自宅用にお中元ギフトを購入するケースは増えてきています。習い事は月謝を支払っているので不要という場合もありますが、礼儀作法に関する習い事では必要と見なされる場合が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です