お中元の選び方や予算

お中元は仕事関係や私生活でお世話になっている目上の下や義理の両親から友人など、普段の感謝の気持ちを伝えたい相手に贈ります。時期は地域によっても少しずつ異なりますが、7月から8月に贈るのが一般的になっています。基本的に贈る側ももらう側も喪中であっても、やりとりして問題ないです。それでも四十九日を経過する前である時は念のために、暑中見舞いとして贈る方が無難です。

お中元に使う予算は明確に金額が決まっているわけではないですが、一般的に親族や友人で3000円前後で上司など仕事関係の人で5000円前後です。なかでも特にお世話になって重要視している人には、10000円前後の予算を使う場合もあります。金額が明確に決まっていないと言っても、あまりに高額な品だと逆に相手に気を使わせてしまう可能性があるので、予算はある程度の金額内で納める方が良いです。お中元として贈る品は相手によって選ぶようにすると良いです。

相手のご年齢や家族構成に合わせて、量や種類を選ぶと相手にも喜んでもらいやすいです。贈る時には熨斗をかけるのが一般的で、まず表書きには御中元と書きます。熨斗の下書きの方には送り主の名前を書くようにします。専門のオンラインストアやデパートでは品物を購入した時に、サービスとして熨斗をつけてくれる場合もあります。

お中元は相手の家に直接渡しに行くのではなく、郵送するのが一般的です。この時に送り状を書いてお中元が届くことを、相手に事前に知らせておくのがマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です