マーケティングでは市場調査と宣伝広告を行うことになりますが、缶バッジを使えばあまりコストをかけなくても商品やサービスをアピールできます。市場調査ではモニターへのアンケートや政府の統計データなどを利用しつつ、性別や年齢など属性ごとに消費者を分類します。市場は様々な消費者で構成されており属性ごとに嗜好が異なるため、売れる商品やサービスを開発するためには事前の市場調査が非常に重要です。魅力的な商品やサービスを開発した上で、適切な方法で宣伝広告を行いブランド力の向上を図ります。

市場には同じような商品を製造・販売している企業が数多くあり、競争に勝ち抜くには自社のブランド力を高めなければなりません。ブランド力とは消費者の企業に対する信頼性とほぼ同じ意味で同じ程度の値段や性能の商品がある場合、消費者はよりブランド力の高い方を選びます。テレビやラジオ、新聞や雑誌などマスメディアを使って宣伝広告を行えば効果的なアピールが可能ですがコストもかかってしまいます。なるべくコストをかけず効果的にアピールしたいのであれば、缶バッジをノベルティとして使うのがおすすめです。

ノベルティは企業が販売促進のために無料で配るグッズのことで、企業名や商品名などが記載されています。多くの消費者が配られたグッズを使用すれば、自然と高い宣伝効果を得ることができます。アメリカでは1898年に人気キャラクターをデザインした缶バッジが販売促進に使われ、売上を伸ばす効果を実証しました。現在でもコストをかけず高い宣伝効果を得るため、ノベルティとして缶バッジが使われています。

缶バッジのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です