大学のサークルやその他の趣味の団体がおそろいのグッズをあつらえる機会は少なくありません。このようなグッズがあれば仲間同士での連帯感を高めることができますし、対外的にも身分や属性をあらわすことができます。こうしたグッズに大金を投じることもありますが、団体としてよほど大きな余剰資金をもっているのでなければ、たいがいはメンバーの自己負担となってしまいますので、できればあまり金銭的に高額にならないものを選びたいものです。そうするとおそろいのグッズとしてふさわしい製品は限定されてきますが、そのなかでもオリジナルな文章やデザインを入れることができるのは大前提となってきます。

サークルや団体の独自性をアピールするためには汎用的なデザインではあまり意味がなく、製品選びは難航するのもふつうのことです。ここで注目したいのは缶バッジをおそろいのグッズとするアイディアです。缶バッジであれば量産したとしてもそれほどの金額にはならず、かえって量産のほうが単価が安くなります。またオリジナルのデザインを入れるのはもとより想定された使い方ですので、こちらもまったく問題がなく、元データとなる写真やイラスト、ロゴなどを自由に製作会社に提供することが可能です。

缶バッジにもいろいろと種類があり、オーソドックスな丸形のもののほか、星型などの変わり種がありますし、裏面にクリップや安全ピンをつけたりることもできますので、使い方によって種類を変えられるのもメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です