缶バッジはいろいろな目的で製作からコレクションを含めて活用することができます。まずは、イベントなどでの体験製作で子供会やお祭りなどで利用します。簡単なプレス機材と缶バッジ素材を準備するだけで、デザインやプレスする工程は参加者に楽しんでもらうのです。写真を撮って印刷して表面に張り付けたり、イラストを描いたりして楽しみます。

つぎに、自分の好きやキャラクターやアイドルの写真などを缶バッジに仕立てます。写真やパッケージから切り抜いて製作をしていくのです。オリジナルグッズを作ってコレクターとしても楽しめます。専用のファイルで収集したり実際にカバンなどに着けてたのしんだりするのです。

プレスする機材は本格的なものから玩具までいろいろありますが、仕上がりは同じ品質です。缶バッジの大きさが様々あるのでほしい仕様を明確にすることがポイントです。金属や安全ピンは消耗品で材料費として購入することになります。手の力だけで作れるため動力が不要により、どこにでも持ち運んで対応することができるのです。

しかもコンパクトで持ち運びがしやすい構造となっています。ノベルティグッズや粗品として配る場合専門家に発注を依頼して作ってもらうことも可能です。インターネットサイトで気軽に制作することができるため便利となっています。デザインは自分で行ってもいいですし、専門家に委託することもできるので本格的なワンラックアップの仕上がりが実現します。

缶バッジのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です