洋服やカバンにつけられるオリジナルグッズとして人気が高いのが缶バッジです。缶バッジといえば好きなキャラクターやアイドル、オリジナルのイラストを使用して作ることが出来ますが、専門業者に依頼しなくても自宅で手作りをすることが可能です。では手作りをする際に必要となるのが、市販されている缶バッジキットを用意しましょう。最近では100円均一ショップでくるみボタンキットと呼ばれる商品が購入できます。

材料はくるみボタンキットに缶バッジ用のイラストや写真と、伸びるラベルを用意するのですが、この伸びるラベルとは自宅のプリンターで印刷出来るラベルで、伸縮性があってある程度伸びるので手作りに仕上がりが非常に美しくなります。ラベルはホームセンターや文具店の他にネット通販などでも簡単に手に入り、価格も3枚入りで1、000円程度とお手頃です。作り方は缶バッジにする写真やイラストをラベルに印刷をしていきます。印刷がすめばイラストや写真を大きさにあわせて丸くカットしますが、これはくるみボタンキットに型紙が付属してくるのでその大きさにあわせてカットするだけなので非常に便利です。

次にくるみボタンの土台部分である金具にカットしたラベルを貼付けますが、この時シワをつけないポイントとして少しひっぱりながら貼るようにするときれいに仕上がります。後はラベル用紙を裏側部分に折り込むようにして、最後に打ち具に裏返しして止め金具をセットすれば完了です。安全ピンをつける部位を考えて穴の向きを調整したら、くるみボタンキットの打ち具をその上にセットして押し込みます。押し込んだら金具がハマった合図なので、最後に安全ピンをつければ完成となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です