誰でも缶バッジを持っていたことはあるはずです。それらは子供の頃に買った雑誌の付録やお菓子のおまけであったり、あるいは学校でバッジをもらったという経験もあるでしょう。そして子供の頃に好きだったキャラクターの缶バッジをコレクションしていたという方も多いのではないでしょうか。最近ではアニメ産業が幅広く展開されており、グッズも多様化しています。

昔にはなかったアクリルスタンドやアクリルキーホルダー、ねんどろいろやねんどドールなどは恐らく親世代の方はご存知ない方もいるでしょう。ところが缶バッジというグッズは今の親世代である30代や40代だけではなく、さらにそれより前のお年寄り世代までもが知っている普遍的なグッズとして実は奥が深いのです。ではなぜこれほどに長く缶バッジが愛されているかというと、一つ目には「コレクションのしやすさ」が挙げられます。缶バッジは平面であるため、リュックにたくさんつけたり、ボードに飾るのも容易で、お金を掛けずにディスプレイするのも簡単です。

そして二つ目は「低価格なため集めやすい」というのが言えます。コレクション好きの方がぬいぐるみやねんどろいろなどを集めようとすると一体あたりの金額が高額なため、趣味に費やするお金も高くなりがちですが、バッジであれば、一枚あたり数百円程度で購入できるため、気軽に手を出しやすい価格帯なのです。しかも場所を取らずに集められるため、家族の理解を得やすい趣味と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です